請求書に記された 1987 F1000 の興味深い歴史: 0km から現在まで

0
1107

信じられない。おそらく二度と繰り返されることのない、このような並外れた偉業を目の当たりにしたとき、これが頭に浮かぶ言葉です。それは、1987 年と 1990 年に工場を出荷した瞬間から使用されずに保存されていた 2 台の F1000 ピックアップ トラックです。2024 年には、これらの車両はまるで作られたばかりのような状態を保ちます。この記事では、これらの希少な車輪の歴史を掘り下げ、購入日から現在に至るまでの興味深い詳細を明らかにします。

クレジット: レジナルド・デ・カンピナス

発見

2023 年、これら 2 台の F1000 がサンパウロ内陸部のイタペティニンガから未知の場所に輸送される様子を映したビデオがインターネット上で拡散しました。工場出荷時のタグが付いており、完璧な状態にあるこのピックアップ トラックは、クラシックカー愛好家やコレクターの注目を集めました。それ以来、これらの珍しい標本の物語が解き明かされ始めました。

クレジット: レジナルド・デ・カンピナス

オーナーとその使命

これらの F1000 の所有者には、生きている限りこれらの車両を保管し、保存し続けるという特別な使命がありました。当時、少なくともサンパウロ州では貨物車両を元の状態に維持するというデトラン社の要求が、それを推進した理由の一つであった。彼は約束を守り、これらのトラックを2022年までガレージに保管し、その後おそらく現在の所有者が購入したと思われる。

クレジット: レジナルド・デ・カンピナス

興味深い詳細

これらの F1000 を注意深く観察すると、製造された時代を反映した詳細が明らかになります。これらの車両には、1990 年に遡る当時のペイント ラベル、マニュアル、請求書、さらには新聞が付属しており、その信頼性と独自性を証明しています。バックミラーからギアボックスに至るまで、あらゆる細部が各製造年の特有の特徴を明らかにしています。

クレジット: レジナルド・デ・カンピナス

比較

2 台の F1000 を並べて使用すると、長年にわたる変化を比較できるまたとない機会が得られます。パネルのデザインから機械の詳細に至るまで、それぞれの違いが、このブラジル自動車産業の象徴の進化についての物語を語ります。レブカウンターの位置や内装の調整などの小さな細部からも、フォードが時間の経過とともにどのように製品を適応させ、改良していったのかがわかります。

クレジット: レジナルド・デ・カンピナス

試合観戦の体験

思い出に残る瞬間で、ビデオのナレーターは F1000 の 1 台を始動することを決意し、視聴者に長年の休息の後にエンジンの轟音を聞く体験を提供します。始動時に発生する煙は、これほど保存状態の良い車両がフル稼働しているのを見たときの感動に比べれば、小さな犠牲に過ぎません。

クレジット: レジナルド・デ・カンピナス

結論: 保存された遺産

請求書に記載されている 1987 年と 1990 年の F1000 は、単なる車両ではなく、数十年にわたって保存されてきた遺産を表しています。 これらのピックアップトラックは 彼らは、ブラジルの自動車産業の変化とそのオーナーたちの長年にわたる物語の静かな目撃者です。コレクションとして、ノスタルジーの源として、あるいは単に歴史の証人として、これらの F1000 は世界中の車愛好家を魅了し、インスピレーションを与え続けています。

これらの F1000 の歴史を目の当たりにすると、私たちは過去を保存することの価値と、それぞれの車両が持つストーリーを思い出させられます。これらのピックアップ トラックは単なる移動手段ではありません。それらは過ぎ去った時代の象徴であり、今日まで私たちを魅了し続けています。

最新のビデオをご覧ください:
コンテンツが気に入ったら、フォローしてください:
Googleの新しい インスタグラム YouTube ピンタレスト

答えを残す

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください